FX報告 6月18日~6月22日

FX報告 6月18日~6月22日

私は趣味程度で投資や投機を少しずつですがやっています。ブログでは特にFXの結果を報告していきます。

特にスゴイ手法や高価なツールは使っていません。なので、残念ながら皆さんに教えるようなことや、偉ぶるようなこともないのですが、結果を共有しながら、考えたこと・感じたことを書いていきたいと思います。

 

トレードの目標

バリバリのトレーダーではありませんし、小遣いを稼ぐ程度で、大きな金額を稼ごうとは思っていません。
この副業が当たり前になっていく世の中で、トレードや投資をすることで、1つの小さなお財布の口を作りたい。
だから小さく負けて、大きくは勝たない(中庸程度で引く)というトレードを淡々とこなすことを意識しています。ローソクを見て、エントリーし、指値を入れておく感じで、結構機械的ですね。一回のトレードで500円から1500円程度。

週に1万円を目標の弱小トレーダーです。

ただし、週に1万円でも年間50万円。この額は馬鹿に出来ません。
年収350万の人が400万に、450万の人が500万にと、ひとまわり生活が広がる可能性を秘めてます。少しでもトレードや投資も興味を持ってもらえますように。

 

トレード結果

画像が小さいですが、今週の損益は9,929円プラスでした。バタついた割には細かくとれ、それなりのトレードができました。よいよい。

 

来週持ち越しのポジション

大きな含み損を抱えてますwこのポジションが解消してくれるまで、上がることを期待してます。
6月14日から持ちっぱなしで、ひどい時はマイナス2万円まで来てました。

この理由になったのはドラちゃんのせいです。

マリオ・ドラギ

マリオ・ドラギ(Mario Draghi、1947年9月3日 – )
イタリアの経済学者。2011年11月1日より欧州中央銀行総裁(第3代)。過去にイタリア銀行総裁を歴任。(wikipediaより)

この人の発言は気をつけたほうが良いと言われていたのですが、今回は完全に逆をいかれまして。くわばらくわばら。。。次の発言時は気をつけたいと思います。

未来の世界の猫型の胴長短足裸足の機械のように、このドラちゃんは夢は運んで来ないようですね。もっと自分の発言で色々なことが動くことを意識してほしいよ、ドラ○もん。

お聞きください、ドラえもんのうた。

 

来週(6月25日~6月29日)の経済指標など

みんかぶFXから私が注目する指標をピックアップ。時間をチェックして気をつけてトレードしたい。

引用:みんかぶFX

06/25(月)

17:00 ドイツ・Ifo景況感指数  -2.7pips
23:00 アメリカ・新築住宅販売件数 +7.3pips

06/26(火)

23:00 アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数 +5.4pips

06/27(水)

00:00 ドイツ・小売売上高(前月比/前年比) +12.8pips
21:30 アメリカ・耐久財受注(速報値)(前月比/コア・前月比) +0.6pips
23:00 アメリカ・中古住宅販売成約指数 -3.1pips
23:30 アメリカ・週間石油在庫統計(原油在庫/ガソリン在庫/留出油在庫) +4.8pips

06/28(木)

06:00 NZ・NZ中銀政策金利 -2.1pips
18:00 ユーロ・消費者信頼感指数(確報値)(ユーロ圏消費者信頼感/ユーロ圏業況判断指数) -5.5pips
21:30 アメリカ・新規失業保険申請件数 -11.3pips
21:30 アメリカ・実質GDP(確報値)(実質GDP/個人消費/GDPデフレータ/PCEコアデフレータ) -7.7pips

06/29(金)

08:01 英国・GfK消費者信頼感調査
08:30 日本・雇用統計(完全失業率/有効求人倍率) -4.3pips
08:50 日本・鉱工業生産(速報値)(前月比/前年比)
17:30 英国・経常収支 -3.7pips
17:30 英国・実質GDP(確報値)(前期比/前年比) -3.7pips
18:00 ユーロ・消費者物価指数(HICP)(概算値速報)(前年比/コア・前年比) -2.1pips
21:30 アメリカ・PCEデフレータ(PCEデフレータ/PCEコアデフレータ/PCEコアデフレータ) -3.4pips

 

まとめ

来週は月、火、水曜日は23時、木標日は21時30分を気をつけたいと思います。金曜日終日何らかの指標がありますので、朝、夕、夜としっかりとローソクを見ながらトレード。

先週は、OPECの石油増産やダウ銘柄交代でGEが外れたことが気になった1週間でした。

「ウォークイン・クリニック」という事業に投資しているドラッグストア大手のウォルグリーンが選ばれました。ヘルスケア部門が入ったことは、また一段とここからヘルスケアに注目がいきますでしょうか。医療関係にいるものとしては気になります。
また、フェイスブックは株式分割しないと、フェイスブックの株変動にダウが大きく左右されてしまいますし、個人情報流出問題も手痛い。

国内では仮想通貨の業務改善命令もありますので、ITや周辺企業含めて動向に注目します。

また来週はどんなことが起こるのか、楽しみですね。

 

FX報告カテゴリの最新記事