【国家試験勉強法】最終回・本番で9割以上獲得する決定版(何度も繰り返しやる)

【国家試験勉強法】最終回・本番で9割以上獲得する決定版(何度も繰り返しやる)

勉強は進んでいますか?今回が勉強法の最終回になります。

正直タイトルだけで分かると思うんですが(笑)心構えと方法を共有してきます。

 

心構えは3つ

1つ目「一回目は解けなくて当たり前」

ここまで読んだみなさんは問題集を1周はされていますよね?もし解いていなければ、すぐに一周してください。できるだけ短時間で、です。

おそらくじっくり時間をかけながら、覚えながら解こうと思っている人もいるでしょう。しかし、それは不正解です。

完全に分からなくても、理解が浅くてもいいので良いのでまず1周しましょう

最初から解けなくて当然。解けるなら受験勉強なんてしなくて良いんですから。そんな気持ちで進めていってください。大事なのは分からなくても絶対に止まらないことです。

2つ目「1周終わったら、すぐに教科書を読むこと」

1回解き終わったら、すぐに教科書や参考書を読んでください。これも出来るだけ短期間に、です。

教科書を読むときは問題を解いて間違ったところを中心に「深く」読んでください。ゆっくりではなく、「深く」です。理解出来なければ参考書やネットで調べましょう。

調べたものはノートにまとめるなり、教科書や参考書に追記していきましょう。情報を集約することは大事です。

3つ目「間違った問題だけを再度解き直す」

集約した情報を見ながら間違った問題を解き直しましょう。見ながらでOKでです。そして解説を読んで新たな気付きがあったら、情報を追記してどんどん集約していきます。

間違った問題だけを解くことで、「これは間違ったことがある」という印象を残すことが出来ます。これは非常に大事です。新しい問題を解くときに、このまとまった印象が単純ミスや思い出す助けになります。

また、間違った問題をまとめておくことで法則性が見えたりすることも。計算問題や「ではない」ものを選ぶ問題、丸暗記するもの、分野などがわかってきます。これも良い経験。

 

そして、何度も繰り返す

上の「一回目は解けなくて当たり前」「1周終わったら、すぐに教科書を読むこと」「間違った問題だけを再度解き直す」が1セットです。この1セットを2回、3回と繰り返していきます。できれば丸暗記してしまうくらいまでいきましょう。

秒で解けるまで、見たら答えが浮き上がってくるまでが理想です。ここまでいけば、確実に合格です。

 

「そんなの無理」なんてない

そんなのは無理だよという人もいるでしょうけど、「やってないだけ」ですよね?

ちゃんと自分と向き合ってください。やって出来ないことはありません。

確かに満点、全部を覚えることは本当に難しいと思います。でも、そういう意気込みでないと合格は出来ませんよ。気持ちで負けては、受験のライバルたちにも負けてしまいます。必ず勝ってください。

 

少しだけ、気持ちの救い

厳しいことを言い過ぎました。しかし、1つだけ救いがあります。

合格は100点満点ではないということ。下手すると60点でも合格です。試験毎に必要な点数が違うので、調べてみてくださいね。

 

まとめ

今回が国家試験勉強法の最終回になります。いかがだったでしょうか。

書ききれていないこともあるので、各ページを少しずつアップデートしていきたいと思います。試験勉強に困ったり、気持ちが続かないときは見直して気を引き締めてもらえると嬉しいです。

困ったことがあったら、いつでもコメントください。

 

【国家試験勉強法】本番で9割以上獲得する決定版

第1回 まず例題を説いてみる

第2回 問題・選択肢の向き合い方

第3回 解説の読み方

第4回 考え方をまとめる方法

第5回 割り切って覚える

最終回 何度も繰り返しやる

 

資格試験カテゴリの最新記事