【国家試験勉強法】第1回・本番で9割以上獲得する決定版

【国家試験勉強法】第1回・本番で9割以上獲得する決定版

今回は国家試験の勉強法をお伝えしたいと思います。
私は臨床検査技師の国家資格を取得しています。今は白衣を着て仕事をしていませんが、この資格に人生を何度助けられたことか分かりません。

自慢ではありませんが、私は学生の頃に受けた臨床検査技師の国家試験で、9割の正答率で合格しました。
臨床検査技師だけではなく看護師、薬剤師、放射線技師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士などなど、選択肢を選んでいくような択一式試験であれば、このやり方でいけます!
筆記のない一般的な資格試験にも応用可能だと思います。

その時の勉強法を共有したいと思いますので、参考なる部分があれば是非どうぞ。

 

アウトプットを意識して、インプットする

まず結論から・・・
その方法とは「アウトプットを意識して、インプットする」ということです。言い換えると「試験を解くために覚える」ということ。これが本当に重要です。

私の友人で臨床検査技師の国家試験に落ちてしました友人がいます。その後3年間、国家試験浪人をして合格しました。今は病院で臨床検査技師をしています。
じゃあ、その二人が現場でも落ちこぼれているかというと、、、とんでもない。2人とも課長クラスの技師として実際にやっています。同年代の技師と比べても仕事は遥かに出来るようです。

じゃあなぜ落ちたのか。

答えは病院実習先で教わった勉強法で真面目にやりすぎたからです。

「真面目にやったのにおかしいじゃないか」と思われたでしょう。でも彼らは本当に真面目でした。
真面目に試験に受からない勉強法を何百時間もやっていたのです。

試験は受かるように勉強しないと、合格できません。噛み砕いて言うと、問題が解けるように勉強するということです。

私がお伝えする方法は「問題を解くための勉強方法」です。それを意識して読んでみてください。

 

まず対策問題集を手に入れよう!

皆さんは国家試験対策問題集を持っていますか?

入学時や最終学年か、どこかのタイミングで学校指定のものを手に入れることになると思います。

臨床検査技師を目指されている学生さんはおそらく、「臨床検査技師国家試験問題集CD-ROM付」「臨床検査技師国家試験問題集 解答と解説」かなと思います。国家試験対策は過去問集1冊でOKです。

他の参考書とか、違う問題集などを買う必要はありませんし、私の推薦図書もありません。

必要なのは問題と向き合い、解説を読み、考え方をまとめ、そして問題によっては割り切って覚え、そして何度も繰り返しやることです!

では、国家試験問題との「向き合い方」、「解説の読み方」、「考え方をまとめる方法」、「割り切って覚える」、「何度も繰り返しやる」に分けて、全6回で解説していきます。

 

まずは例題から

勉強法の解説には以下の問題を使います。問題は臨床検査技師国家試験ですが、他の資格の方も流れを掴んでくださいね。

 

f:id:nazetosankai:20161223140850p:plain

まずこの問題に取り組んで下さい。出来るだけしっかり考えましょう。

ちなみに、本番では30秒程度で答える必要がある問題です。

では・・・解答を

正解は「」です。

どうだったでしょうか。しっかり考え抜けましたか。勘で答えたりしてませんか。

例えば、

問題文にからない単語はなかったか。

選択肢の文章は正しいか間違いかわかったか。

選択肢の単語の意味はすべてわかった

単語に関連するその他のキーワードが思い浮かんだか。

こういうことを意識しながら解くと、正解率が上がり安心感を感じながら問題を解くことができます。ではどうやるのか?

次回からは、この問題を解説しながら、どうすれば本番で9割とれるかを一緒に考えていきます。今後のみなさんの試験勉強がより良いものになるように。

 

カリキュラム(全6回)

【国家試験勉強法】本番で9割以上獲得する決定版

第1回 まず例題を説いてみる

第2回 問題・選択肢の向き合い方

第3回 解説の読み方

第4回 考え方をまとめる方法

第5回 割り切って覚える

第6回 何度も繰り返しやる

 

資格試験カテゴリの最新記事